【守りのコツ】いつ・どこに・何を出せば良いのか

【いつ】【どこに】【何を】出せば良いのか

色々な事を一度に考えることは難しいと思うので、最初に「目的」と「考えること」を整理したいと思います。

「目的」は2つあります。

  • アリーナタワーにダメージを(出来るだけ)入れない
  • 防衛に使ったユニットがダメージを(出来るだけ)食らわない

アリーナタワーとユニット、どちらを守るべきかは戦況次第です。
しかし、多くの場合はアリーナタワーに大ダメージを与えるような立ち回りは避けた方が良いです。

「考えること」は3つあります。

  • 【いつ】出すか
  • 【どこに】出すか
  • 【何を】出すか

では、まず【いつ】から見てみましょう。

【いつ】相手のユニットが自陣に入った後

これは、アリーナタワーが攻撃してくれるようになるからです。
特に相手がマスケットの場合はじっくり待ちたいです。
焦ってアリーナタワーの前にユニットを置いてしまうと、マスケットが自軍の外から攻撃してきてしまいます。

▼ アリーナタワーの射程は自陣ギリギリまであります。

【いつ】アリーナタワーがターゲットされる前

マスケットが自陣に入った直後、アリーナタワーがターゲットされてしまい、バンバン撃たれてしまいます。
これを避けるためには、マスケットが自陣に入った直後にユニットを配置しなければなりません。
上とあわせて考えると、「マスケットが自陣に入った後」かつ「アリーナタワーがターゲットされる前」ですから、実は結構シビアです。

【いつ】アリーナタワーがターゲットされた後

意図的にアリーナタワーをターゲットさせることもあります。
HPが低くて高攻撃力のユニットを守りたい時です。

▼ ガゴがマスケットに撃ち落されないように、アリーナタワーがターゲットされるのを待ってから出しています。 これにより、後ろから来たホグライダーにも対応することができました。

【どこに】【何を】アリーナタワーの「前」

ジャイ、巨大スケルトンなどの盾ユニットについては、「前」が基本です。
隣接攻撃ユニットからアリーナタワーを守りながら、アリーナタワーの攻撃で敵を倒していく作戦です。
敵が範囲攻撃の場合は、ジャイを狙った範囲攻撃がアリーナタワーにヒットしないように、更に1マス上に配置すると良いでしょう。

【どこに】【何を】アリーナタワーの「かなり前」

これは、相手が「ジャイ + マスケット」などで攻め込んできた場合、後ろのマスケットを早めに倒す作戦です。
バーバリアン、ナイトなどの高ステユニットが置かれるのをよく見ます。

【どこに】【何を】アリーナタワーの「斜め前」

これはユニットのルートを逸らして時間を稼ぐ作戦です。
特に巨大スケルトンなど、「アリーナタワーに近づけたくないユニット」には非常に効果があります。
この位置に槍ゴブなどは良い手だと思います。
使ったユニットが次の攻撃ターンで有効活用できるように、中央より左に配置することが大切です。

ただし、敵陣にかなり近づいてしまうので、川の向こうから遠距離で撃ち落されるリスクがあります。

【どこに】【何を】アリーナタワーの「横」

マスケット、ボマー、ネクロなどで対処する場合、基本的にこの位置がベストです。
アリーナタワーを盾にしながら、撃ち落しましょう。
ユニットがアリーナタワーの前に出てしまわないよう、タイミングに注意したいです。
また、相手がベビドラだとアリーナタワーを狙った攻撃が真横の隣接したユニットにも当たってしまうので、1マス離して配置すると良いです。

【どこに】【何を】アリーナタワーの「後ろ」

これは、エリクサーがマンタンになってしまった場合の方法です。
今、アリーナタワーの「横」におくとマスケットが前に出てしまう、でもエリクサーが勿体無い!
そんなときは「後ろ」に出しましょう。
敵ユニットが自軍に入ってきたタイミングでマスケットがアリーナタワーの「横」に到達しているのがベストです。

次の攻撃陣形を考えましょう!

守りターンから次の攻撃ターンの準備は始まっています。
なぜかというと、守りターンで使ったユニットは「そのままの陣形」で敵陣になだれ込むからです。

最初に・・・
アリーナタワーにダメージを(出来るだけ)入れない
防衛に使ったユニットがダメージを(出来るだけ)食らわない
・・・ということが重要と言いましたが、
「次の攻撃の陣形」も考えることができればベストです。

さいごに

守りに失敗したな・・・と思ったら、リプレイを見返して見て、 「いつ」「何を」「どこに」に配置すれば良かったか、よく考えてみましょう!
何度か積み重ねると、『守りパターン』が見えてくるので、どんどん守りが上手くなります!

次回はコンボ攻撃をどう防ぐか、について整理したいと思います。

クラテツは6人のメンバーで作っています。
詳しくはこちら

サイトの更新情報はツイートでお届けてしています!よろしくお願いします(*´ω`*)

クラテツは6人のメンバーで作っています。
詳しくはこちら

サイトの更新情報はツイートでお届けてしています!よろしくお願いします(*´ω`*)